タイトルもいまいちの「愛のメモリー」

2014.07.30 14:08|

1978年アメリカブライアン・デ・パルマ監督 
 
妻と幼い娘を誘拐された上に事故で失ってしまった男。16年後、彼は想い出の地フィレンツェで妻と瓜二つの女性と出会い恋に落ちるが、またしても彼女が誘拐されてしまう……。
 
思い切りネタバレ)抒情的な雰囲気で取っつきやすいがサスペンスとしては突っ込み所が多かった。ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドの愛らしさに救われたけれど、ラストに彼女が「ダディ!お金を持ってきてくれたのね」と叫びながらマイケルに抱き付く時、彼女はすっかり娘になりきっていたのに比べ、それと知ったマイケル。「えっ、君は死んだとばかり思っていた娘だったの!?」の面食らった表情。悪いけれど吹き出してしまったw。でもマイケルは憎めない良い人だよ。
1958年アルフレッド・ヒッチコック監督の「めまい」の影響を受けているらしいが、そちらが面白そう。

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる