バベットの晩餐会

2014.03.26 15:23|
 

1987年デンマーク

バベットの晩餐会は一世一代の大盤振る舞いでした!宝くじで当たった1万フランを一夜の料理につぎ込んだバベットのお料理は豪華な材料といい、作る過程の水や炎のはじける音などの効果音が巧みに盛り込まれて美味しさが観る方にも充分伝わってきました。決して料理のことを話題にしたらいけないと申し合わせていて、舌が味を堪能しそうになると慌てて「ハレルヤ」と唱えてしまったりの描写に前半部と違った展開が良かった。グルメでない私にはもったいなくもあり、この地方に伝わる魚の干物を水に戻しての料理も興味深かったです。
この映画が、後のお料理映画に影響を与えたのは確かなのは言うまでもなく、バベットが姉妹と土地の人々に敬意を表した最高のおもてなしだったのでしょう。
 
http://1000ya.isis.ne.jp/1483.htmlこちらの記事でだいぶ捕捉され助かりました
原作者がイサク・ディーネセンと男性なのに、実はカレン・ブリクセンという女性だったことや、『愛と哀しみの果て』の原作者でもあることなど知りました。
 
 
 
 

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる