キトキト! 家族魂

2014.01.23 18:09|

2006年製作 監督・吉田康弘
ストーリー:富山県の高岡市で暮らす優介(石田卓也)の母(大竹しのぶ)は、近所でも“スーパー智子ちゃん”と評判の肝っ玉母さんだ。女手一つで立派に優介と姉の美咲(平山あや)を育てあげたものの、姉は数年前に駆け落ちして音信不通。優介も高校を中退し、親友の眞人(尾上寛之)と東京に出て偶然目にしたホストクラブで働き始める。
 
図書館のDVDコーナーで、見知らぬ70歳と思しき女性から「これはオススメ、観らんね!」と差し出され断る理由もなく借りてきた一本でした
B級映画かな~と軽く観始めましたが、優介が友人に誘われ上京しホストクラブに働き始める頃から面白く感じられ始めました。優介が成長していく姿を石田卓也が好演していました。ラストがいきなり7年後に跳んだのはいただけなかったけれど観て損のない映画でした。
「キトキト」とは富山弁で「いきがいい・新鮮な」という意味で、その肝っ玉母さんぶりを大竹しのぶがまさに十八番のごとく演じています。
優介を心配して上京した大竹しのぶが、偏見を捨てホストクラブに出かけステージで歌った楽曲が印象に残りました。調べるとアン・ルイスが歌っていた「woman」らしい。
吉田康弘監督が井筒和幸監督の一番弟子というのが、映画の雰囲気から充分伺えます。

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの気ままな感想を残す備忘録に!
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる