スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月に観た映画

2013.12.28 16:55|

2004年日本ヘラルド映画=松竹
監督:篠原哲雄
2月、沖縄のとある離島。本土とは比べものにならない陽射しが降り注ぐこの島に5人の男女がやってくる。彼らはみな“キビ刈り隊”の募集に集まった若者たち。それは、人手の不足した農家を手伝いサトウキビを刈り取るアルバイト。5人を迎えるのは年老いた平良夫妻と“キビ刈り隊”の常連・田所豊。彼らは豊の指示の下、これから35日間で約7万本のサトウキビを刈り取ることになっていた。だが、全くの初心者である5人は慣れない仕事にもたつくばかり。おまけに、先輩ヅラして偉そうに振る舞う豊にも苛立ちを募らせていく…
 
昨日、オンエア~で観ました。あわただしい年末に、今年最後好きな作風の映画を観れて本当にラッキーでした。「答えたくないことは話さなくて良いんだよ」とセリフにあるように、5人の若者たちの背景が水彩画のようにぼんやり浮かび上がって来る程度に描かれていました。キビ刈りのために汗をかく若者たちにあざとさが感じられず、受け入れる平良夫妻にも「なんとかなるさぁ~」とすべてを受容して生きている姿に沖縄の風を感じました。こんな風に生きていけたら・・・。
監督は詩人・長田弘の詩集である『深呼吸の必要』というタイトルがヒントになりメガホンを取ったらしいが、彼の他の作品も観たいと思わせる。個性的な若手俳優陣の抑え気味な演技が成功しているのだろう。
 
★運命じゃない人
 

2004年/日本
監督:内田けんじ
 
 
恋人に逃げられたサラリーマンと、婚約破棄で希望を失った女の子。そんなふたりの出会いを描きつつ、その背後で密かに進行していた大金絡みの犯罪の一部始終を語り明かす。新人監督、内田けんじがパズル感覚の構成で、男女5人の一夜の模様を軽やかに活写。笑いとスリル満載の娯楽作
 
内田けんじ監督のデビュー作。映画は前に話が進行していくのが通常だが(過去をたどることも多々)、本作は次々と後ろへ遡りながら答えを導き出していく方を取っています。映画に対する並々ならない意欲と才能の開花を予期させる作品でした。監督の作品を3作続け観て、「鍵泥棒のメソッド」でこなれて観やすくなって来たように思えました。次回作が楽しみですが、私としてはオフザケ度はこの辺りで限界にしてもらいサービス過剰にならないようにして欲しいのが願いです(笑)。
 
邦画も捨てたものじゃありません!
 
映画館では「ゼロ・グラビティ」を観ましたが、これはあらためて!
(「Gravity」・2013年・米)
 
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。