スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵泥棒のメソッド

2013.12.05 17:18|

 
                    2012年作   監督・内田けんじ
 35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。
 
同監督の「アフター・スクール」は込み入った時系列についていけずイマイチ醍醐味を味わえなかったので、今回は心して観賞しました。
桜井が劇団員という設定と入れ替わり筋が好きだし、ついていけるだろうと思いつつ覚悟を持って挑んだのに、今回はとても分かり易く大いに愉しめました。久しぶりに時間を忘れのめり込めたのも嬉しいです。
思い込みをかわしてアッと言わせ、どんでんと予想を裏切る展開に目が離せません。(ネタバレでごめんなさい
)コンドウが人殺しではなかったどんでん返しに、ボルテージが一挙に上がりました!殺人など、人を殺めるシーンは極力入れずに創作して欲しいのが私の願いー、サスペンスではあるがコメディチックでハートフルな作品だったと思います。
内田けんじの優れた脚本と香川照之、堺雅人らの巧い俳優人がタッグを組んだ素晴らしい超娯楽大作。広末涼子も今までのイメージを一変していて好きになれそうです。
 

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しずく

Author:しずく
「いらっしゃいませ」
映画や本などの感想を気ままに書いています。
コメント歓迎いたします

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。